なぜDHA・EPAサプリが必要なのか?

多くの人が目標摂取量に届いていない

厚生労働省によると、DHAとEPAの目標摂取量をそれぞれ1日に1g以上としています。
それでは、多くの人たちは、それに達しているのでしょうか?
答えは「ノー」です。
「国民健康・栄養調査」などの調査結果を見ても、目標値に遠く及ばないのが現状なのです。
それも、ファーストフード比率が高いと思われる若年層に限りません。
比較的、青魚を多く食べていると思われる50代以上でも、半数以上が目標に達しておらず、恒常的に不足の状態になっていると推定されます。

こうした事情から想像できるのは、通常の食事だけで必要を摂取するのは、どだい無理な話であるということです。
ということで、サプリメントで摂取、という選択肢が現実味を帯びます。

普通の料理では調理時に減少してしまうDHA・EPA

「自分はいっぱいお魚を食べてるよ」

という人でも、DHA・EPAを十分に摂っているかについては疑問符がつきます。
というのも、DHA・EPAは酸化しやすく、食材の保存状態によっては劣化してしまうのが理由のひとつ。
もうひとつの理由が、調理時に溶け出したり流れ出したりして、DHA・EPAが失われてしまうということです。
たとえば、お刺身といった生魚の状態で摂取できるDHAを100とします。
これが、焼き物や煮物では約20%減少。
さらに、揚げ物では、なんと約50%も減少してしまうのです。
煮魚などでは、「煮汁も全部飲む」ことを心がけなければならず、これは塩分など、他の分野でのリスクにもつながります。

サプリメントが優れている点

ということで、DHA・EPAはサプリメントで摂るということは、とても効率的で現実的な選択肢です。

サントリーのサプリは現代人の弱点を克服するための、よすがとなってくれそうです。
ところで、DHAのサプリは、激安品も含めて、サラサラ成分配合などと謳い、バラエティーに富んでいます。
その中でも、サントリーの「DHA&EPA+セサミンE」はオススメの一品です。
セサミン配合というのがミソで、強力な抗酸化作用を持つ成分として、酸化に弱い成分もガッチリとガードしてくれます。
血液サラサラ成分として、評判の高いDHAやEPAですが、どちらも酸化に弱い性質があり、サプリメントに加工するのはデリケートさが求められ、意外と難しいものがあります。サントリーは、セサミンを併せて配合することで、酸化を防げることを見出し、早くも製品作りに生かされています。
DHAもEPAも、青魚に多く含まれることは、今では広く知られています。DHAを摂れば頭が良くなると一頃持てはやされたこともありましたが、生活習慣病の予防のためにも、中高年にこそ摂取が求められる成分です。
サントリーの「50代、摂りたいサラサラ成分」のキャッチコピーは、痛いところを突いていると感じさせてくれます。サントリー一押しのセサミンも重要な健康成分であり、各成分がもたらす相乗効果は、期待するところ大です。
サントリーウエルネスの製品はブランドの安心度はもちろん、このジャンルのシェア70%超えという化物のような支持を得ているDHAサプリです。
※詳細はこちら=クリック!