※本サイトは商品を販売しているライオン株式会社とは無関係の会社が運営しています

ラクトフェリンの食品

ラクトフェリンを食品として摂りにくい理由

ラクトフェリン(lactoferrin)は、殺菌、免疫力向上などの働きかけが研究され、口コミで評判になっています。

現在でも、スッキリ実感もあると評判になり、ますます脚光を浴びる成分。

ラクトフェリンとは、牛乳などの食品の他、人間の母乳、特に初乳に多く含まれているタンパク質です。

長年の研究で、さまざまな働きや実感があることが明らかになり、将来的にも期待が寄せられています。

ところが、ラクトフェリンは、熱や酸に弱いという弱点があります。

食品として摂取しようとしても、例えば熱加工した牛乳をいくら飲んだとしても、
働きは大して見込めないということになります。

胃液中のペプシンによって、大半が分解されてしまうのです。

ラクトフェリンをヨーグルトにした食品メーカーとは?

問題解決に先鞭をつけたのは、食品メーカー大手の森永乳業です。
原料となる牛乳から、高純度でしかも本来の性質を保ったまま抽出し、変性しない殺菌技術を開発したのです。
技術特許も取得し、1986年には、世界初となる特製の乳児用ミルクの販売にこぎつけました。現在でも、「森永ラクトフェリンヨーグルト」が販売され、大人でもラクトフェリンの味と働きを堪能できるようになっています。
有効成分を効果的に摂取しようと思えば、健康補助食品たるサプリメントも、有効な手段に数えられます。
通販などでも、売り上げの上位にランキングされることが多いようです。
サプリメントの場合、腸溶性といって、腸にまで届くタイプのものが、スッキリ実感できるとされています。
ラクトフェリンは、食品としては扱いにくい方と言えるでしょう。
確実なのは、「腸まで届く」ラクトフェリンのサプリメントかもしれません。
ライオン(Lion)から発売されている製品は特殊製法によって腸まで届くサプリになっています。
お試しパックは10日分で980円。
送料無料なので手軽にお試しすることができます。

ラクトフェリンのパイオニアはやっぱりLion(ライオン)

まずはトライアルパックで気軽にトライ!
バナー原稿 300×250 (130312)imp
サイトマップ   Top   新着情報  |  

Copyright © 2007 ラクトフェリンで健やか生活 All Rights Reserved.運営者:有限会社イマジン

FX入門塾