※本サイトは商品を販売しているライオン株式会社とは無関係の会社が運営しています

ラクトフェリンのトリビア

腸に届く事の重要性

ラクトフェリンには、さまざまな働きがあることが報告されています。


しかし、ここで1つ問題があります。

このラクトフェリンが一番活動する場所は、

実は小腸に多く存在します。

ですから、腸に届けられるかが、働きかけの分かれ目となるのです。

しかし、このラクトフェリンは、熱に非常に弱く、

酸や酵素で比較的簡単に分解されてしまいます。

つまり、成人が口から食べ物や飲み物として口から摂取しても

その多くが胃酸で分解されて、なかなか腸に届かないのです。

例外として、赤ちゃんに関しては、母乳(初乳)で

ラクトフェリンを摂取しますが、何故この場合は腸に届くのかというと、

胃がまだ未発達のため、それほど酸で分解されることがないからなのです。


そこで、成人が摂取しても腸まで届くことができる

「腸溶性ラクトフェリン」が開発されました。

この腸溶性ラクトフェリンは小腸に到達して始めて

溶け出すようにコーティング加工されるために、

胃で分解されずに、きちんと小腸で取り込まれるのです。

ライオンラクトフェリンといったサプリメントが

コレに当たるために、大変人気があるのです。

気になるベルト周り対策

若い頃は、少しベルト周りがぽっちゃりしたと思っても、

消費がいいため、少しの運動や、食事に気を付けるだけで、

すぐにダイエットが可能でした。

ところが、年齢を重ねて、30も半ばを過ぎて来ると、

同じ事をしても、少しもダイエットができません。

それどころかどんどん増えてくる始末。

消費の衰えは、ある程度はやむを得ない事ではありますが、

なんとかしなければなりません。

しかし、そんな事を続けていれば、

毎朝なかなかスッキリできない、昔履けたズボンが履けなくなってしまったりと、ベルト周りのぽっちゃりになりやすい体になってしまいます。

それを防ぐには、ジムや散歩で有酸素運動をしたり、

肉中心の食生活や、お酒ばかり飲むような生活習慣を変えて、

魚中心の食生活にしたり、お酒を控えるようにしたりと、

かなり大変になってきます。

そこで、サプリメントの登場です。

最近のサプリメントには、一般生活ではなかなか落としにくい、

ベルト周りのぽっちゃりとの関係をよく研究された製品が出ています。

もちろん個人差がありますが、

きちんと腸に届けることができれば、働きはかなり期待出来るのです。

ですから、年齢を重ねた方にこそ、必要な成分を上手に摂取することが

気になるベルト周り対策への武器となるのです。


安全性

いい事ばかりのラクトフェリンですが、

安全性は気にならないのでしょうか。

結論から言うと、特に確認されている安全性の問題は報告されていないようです。

人体に悪い影響は与えず、問題ない成分という事が分かっています。

それもそのはずです。赤ちゃんが飲む母乳、しかも初乳に

多く含まれている成分です。悪い訳がありません。

むしろかなりの安全性があると言った方がいいかもしれません。

また、一般に売られているラクトフェリンのサプリメントも

薬ではなく、健康食品...つまり「食品」ですから

同じように安全性の問題はありません。

ただし、ものには限度というものがあります。

体にいいからと言って、大量に摂取したらどうなるか。

その際、ぽっちゃりが気になるという事と、

牛乳アレルギーの人は控えた方がいいというのは、

分かっているそうです。

あくまで1日の摂取量を守って飲むのがオススメなのです。

一般的には100~300mgが目安のようです。

抵抗力と健康について

ラクトフェリンの働きを実感するためには
それを腸まで届けることが大切と言われます。

ところで腸の働きにはどんなものがあるのでしょう。

広く知られるのが、食べたものや飲んだものの【消化】、そして栄養や水分を【吸収】する働きですが、他にもいろいろな働きがあります。

ラクトフェリンは目、口、鼻など病原菌の入り口となる部位には

母乳以外では多く存在しています。

多岐にわたる働きがにあり、

抵抗力の少ない赤ちゃんを細菌やウイルスから守り、

病原菌の増殖を抑える抗菌成分として、

あるいは、母乳から発見されたため、

抵抗力の少ない赤ちゃんを守り、

子供の成長を助ける成分として注目されていました。


ライオンのラクトフェリンは腸にまできちんと届く製法を発見しました。

独自のコーティングで酸から守っているのです。

こういったさまざまな働きも、

もちろん腸まで届かなければ、

十分に働きかけが発揮されません。

日頃から健康のためにも摂取するものに注意を払いたいですね。

ラクトフェリンの定義

ラクトフェリンは現在も研究中の、非常に有用な物質ですが、

母乳や牛乳に多く含まれる鉄結合性のタンパク質の事と

定義することができます。

特に出産直後のいわゆる初乳に多く含まれていることから、

いかにして免疫力をつけさせるかが重要な赤ちゃんにとって

大事なものかが分かります。


このラクトフェリンの役割は、近年、さまざまな研究で明らかにされつつあります。

いろいろな分野で報告がなされていますが、今後の研究によっては新たな働きかけが解明されるかもしれません。


ラクトフェリシン

ラクトフェリシンという物質はご存知でしょうか。

ラクトフェリシンとは、ラクトフェリンを摂取した

成人の胃の中で胃の酵素であるペプシンで

分解するとできてくるペプチドのことです。

つまり人間の胃の中ではこのラクトフェリシンや

元々のラクトフェリンが共同戦線を張っていて、

様々な有益な働きをしてくれています。


このラクトフェリシンは、体内に存在するさまざまなものに対して働きが報告されています。

抗酸化力なども優れております。。

ラクトフェリンが全身に働きかける

ラクトフェリンが何故全身に働きかけるのでしょうか。

ラクトフェリンやラクトフェリシンは、基本的には、

血液中に吸収される訳ではありません。

現在は、まだ研究中の段階のようですが、

どうやら、腸管の環境に働きかけ、全身に実感を及ぼすようなのです。


ラクトフェリンやラクトフェリシンを含む様々な

消化ペプチドは腸管免疫系に存在する細胞やリンパ球などに

働きかけることで、さまざまな有用な仕事をおこなっているものと

現在は、考えられています。

まだまだ研究中の成分、ラクトフェリンですが、もともと母乳に含まれているタンパク質。

つまりは「母乳は偉大だ」ということでしょうか。

ラクトフェリンとライン川

ここに面白い話があります。

実は現在ドイツに流れているあのライン川は、

1970年代に汚染が深刻な問題でした。

その原因は、チーズ製造における副産物のホエー(乳精)を

全て直接川に流していた事にあったそうです。

それがきっかけでこのホエーの有効利用を目的とした、

官民あわせたプロジェクトが結成されました。

それが、MILEI ( ミライ ) 社という会社です。

ここではホエーに関して様々な研究が行われ、

その結果として、ラクトフェリンを高純度で、

しかも産業ベースに見合うだけの量を生産できるシステムを

構築することができるようになったのです。

現在、ラクトフェリンをはじめとする

様々な乳由来の有用成分が供給されるのは、

このプロジェクトのおかげと言っても過言ではないのです。

実は、2003年に森永乳業が

「ラクトフェリンの工業的な製造法の開発」で、

文部科学大臣賞を受賞しています。

実は前述したドイツのプロジェクトのMILEI ( ミライ ) 社ですが、

この社名の頭文字のMは森永乳業のMなのです。

つまりライン川がきれいになったのも、

ラクトフェリンが今のように沢山摂取できるようになったのも

わが国の企業である、森永乳業のおかげといっても

過言ではないという事なのです。

これは大変誇りに思えることですね。


動物はみんな同じです

ラクトフェリンは、現在我々の健康的な毎日を過ごす事において、

とても重要な枠割を担っている事は、

皆さんも知っていると思います。

冷静に考えれば、このラクトフェリンの働きかけは、

別に人間だけじゃなくて、他の動物にも

働きかけがあるのではないでしょうか。

実はその通りで、既に動物用のラクトフェリンサプリメントは

ちゃんと実用化されているのです。

ちょっと生意気ですね。


それは、ネコ用のラクトフェリン・サプリメントです。

私は猫は飼っていませんので、分からないのですが、

ネコも体調を崩すこともあり、様々なトラブルに陥ることもあるそうです。

こんなときにラクトフェリンが投与されるのだとか。

また、ゾウの床ずれにラクトフェリンを塗ったりするのだそうです。

もちろん食べさせることは、ゾウにとってもいいのでしょうが、

あの大きさですので、物凄い量が必要になるため、

さすがに飲ませたりはしないそうです。

実は、動物園等のコンクリートの床で床ずれを起こす

象が多いのだそうで、その部分に使用する事もあるそうです。

また同じ方法をイヌにも使うそうです。

それから、なんと魚の健康維持のために、

水族館や養殖場の魚にもラクトフェリンは投与されてのだそうです。

このように生物にとって、非常に有用なラクトフェリン。

現在まだ分からない事も、まだたくさんあるそうで、

今後の研究によって、素晴らしい商品が出来上がるかもしれませんね。


ラクトフェリンのパイオニアはやっぱりLion(ライオン)

まずはトライアルパックで気軽にトライ!
バナー原稿 300×250 (130312)imp
サイトマップ   Top   新着情報  |  

Copyright © 2007 ラクトフェリンで健やか生活 All Rights Reserved.運営者:有限会社イマジン

FX入門塾